機器分析センタータイトル

【学内向け】機器分析センター共同利用機器利用の手引き

 

【群馬大学教職員の皆様】
機器分析センター(桐生地区)には手続きが必要な共同利用機器が33台あります. ここではそれらを利用するための手続き方法を紹介します. 「どんな機器があるの?」, 「何ができるの?」, 「こんなことをしたいんだけど, それができる機器はある?」など, 不明な点は遠慮なくご相談下さい.

目  次 (1番からお読み下さい. 直接目的のページに飛ぶこともできます.)

  1. 利用申請が必要な共同利用機器は以下の通りです.
  2. 共同利用機器を利用したい方は, まず申請手続きをお願いします.
  3. 日々の利用予約はWeb予約システムから. その方法を紹介します.
  4. もし予約をキャンセルしたい時は・・・
  5. 共同利用機器を使用する際の注意事項.

 

1. 利用申請が必要な機器は以下の通りです.

CD (円二色性分散計) J-820 日本分光 総研棟1F (102)
DMS (粘弾性測定装置) DMS6100 日立ハイテクサイエンス 総研棟2F (204)
DSC_6100 (示差走査熱量計(高感度タイプ)) DSC6100 日立ハイテクサイエンス 総研棟2F (204)
DSC_6200 (示差走査熱量) DSC6200 日立ハイテクサイエンス 総研棟2F (204)
EPMA (電子線マイクロアナライザーシステム) EPMA-1610 島津クレイトス 総研棟1F (101)
FL (蛍光分光光度計) F-4500 日立製作所 総研棟2F (204)
FT-IR (フーリエ変換赤外分光光度計) Nicolet iS50 Thermofisher Scientific 総研棟2F (204)
MS-MS (トリプル四重局質量分析計) API2000 ABSciex 総研棟1F (102)
NMR_600MHz (核磁気共鳴装置) ECA-600 日本電子 総研棟1F (109)
NMR_500MHz (核磁気共鳴装置) AVANCEIIIHD500 ブルカーバイオスピン 総研棟1F (109)
PL (絶対PL量子収率測定装置) C9920-02 浜松ホトニクス 総研棟1F (102)
SEM_EDX_2F
(走査型電子顕微鏡 + エネルギー分散型X線分光法)
S-3000N+EX-200K 日立製作所/堀場 総研棟2F (203)
SEM-EDX_1F
(走査型電子顕微鏡 + エネルギー分散型X線分光法)
SSX-550+SEDX-500 島津製作所 総研棟1F (101)
SPM (走査型プローブ顕微鏡) JSPM-5200 日本電子 総研棟2F (203)
TG-DTA (示差熱熱重量同時測定装置) TG/DTA6200 日本ハイテクサイエンス 総研棟2F (204)
TMA (熱機械的分析装置) TMA/S6100 日立ハイテクサイエンス 総研棟2F (204)
UV (紫外・可視分光光度計) U-3000 日立製作所 総研棟2F (204)
XRD (X線回折装置)
解析ソフト利用を含む
RINT2200VF リガク 総研棟1F (108)
XPS (X線光電子光分分析装置)
解析ソフト利用を含む
AXIS NOVA 島津クレイトス 総研棟1F (104)
レオメータ (引張, 圧縮, テクスチャー試験機) EZ-Test 島津製作所 総研棟2F (203)
小型超遠心機分離機 himac CS120FNX 日立工機 総研棟2F (207)
粒子径・粒度分布・分子量測定装置 ELSZ-2000S 大塚電子 総研棟2F (204)
XRF(蛍光X線分析装置) EA1200VX 日立ハイテクサイエンス 8号館S棟1F (155)
ICP-AES(誘導結合プラズマ発光分光分析装置) SPECTROBLUE FMX26 日立ハイテクサイエンス 8号館S棟1F (155)
NMR_300MHz(核磁気共鳴装置) ECS300 日本電子 8号館S棟1F (158)
NMR_400MHz(核磁気共鳴装置) ECS400 日本電子 8号館S棟1F (158)
NMR_300MHz(固体核磁気共鳴装置) AVANCE DSX300WB ブルカーバイオスピン 8号館S棟1F (159)
マグネトロンスパッタ装置 MSP-1S 真空デバイス 総研棟1F (101)
オスミウムコーター HPC-1SW 真空デバイス 総研棟1F (101)
TD-NMR(時間領域核磁気共鳴装置) minispec mq20 ブルカーバイオスピン 総研棟2F (203)
HPLC(高速液体クロマトグラフシステム) Alliance(PDA,ELS検出器搭載) 日本ウォーターズ 総研棟2F (207)
食料・飲料対応 pHメーター edge HI 2020-01 ハンナ インスツルメンツ・ジャパン 総研棟2F (207)
超純水・純水製造装置 Milli-Q Integral 3 メルクミリポア 総研棟2F (207)
別の手続きですが,以下の装置2台(桐生市水道局水質センター)も利用できます.ご希望の方はご連絡ください.
・誘導結合プラズマ質量分析装置
・食品・環境放射能測定装置
 使用料は別途お問い合わせ下さい