機器分析センタータイトル

炭素・水素・窒素同時定量装置 (MICRO CORDER JM 10)

 

炭素・水素・窒素同時定量装置 (MICRO CORDER JM10)
活用事例
  • 土壌CHO分析
  • 有機化合物の確認
メーカおよび型式

(株)ジェイ・サイエンス・ラボ MICRO CORDER JM10

仕様
  • 測定元素:炭素、水素、窒素、または酸素、または硫黄(酸素・硫黄はオプション)
  • 測定精度:絶対誤差 ±0.3%以内(酸素分析・硫黄分析は、±0.5%以内)
  • 試料量:通常2mg前後(1測定につき)
  • 標準温度設定:
    <CHN分析>   <酸素分析>   <硫黄分析>
    試料炉 950℃   試料炉 1050℃  試料炉 950℃
    燃焼炉 800℃   燃焼炉 1000℃  燃焼炉 800℃
    還元炉 560℃   還元炉   300℃   還元炉 300℃

 

設置場所

総研棟2F (208)

担当者

機器分析センター 平渡みゆき(内1142), 技術部 岡田 真梨子(内1403), 技術部 星野 由紀(内1441), 技術部 八木 晃世(内1339)

注意事項
  • 依頼分析で対応しております。
  • 初めて依頼を希望される方は、担当者にご相談ください。
  • 依頼分析申込書(CHN,S,O)は機器分析センターHPよりダウンロードしてください。
  • 試料量は10mgを目安にサンプル瓶に入れて提出してください。(酸素分析・硫黄分析は20mg以上)
  • 上記の量が準備しにくい試料、不安定な試料などの分析を希望される方、設定温度の変更を希望される方は担当者にご相談ください。