機器分析センタータイトル

核磁気共鳴装置 (NMR, ECA-600)

 

核磁気共鳴装置 (NMR, ECA-600)
活用事例
  • 食品中の成分分析(特に脂質)
  • 産地保証
  • 有機化合物の構造分析
メーカおよび型式

日本電子(株)製 ECA-600

仕様

1H, 13C及び多核測定可能.液体試料専用.

設置場所

総合研究棟1F (109)

担当者

分子科学部門 石井 希実(内1345)

注意事項
  • 利用をご検討の方は担当者にご連絡ください.
  • 1回利用の最長3時間です.
  • 温度可変測定には操作があるので,教員同伴の講習を受けていただきます.
  • LF,HFのプローブチューニングはそれぞれ13Cと1Hの状態に戻してください (標準試料10%エチルベンゼンの使用が望ましい).